Company profileご挨拶

ご挨拶Message

「病院・患者さんの信頼を得ること」が経営の原点

わが国は、高齢化社会の加速に伴い、医療費抑制政策が継続的に強化されております。

また、医療を取り巻く環境は、医療技術の急速な進歩、国民の医療に対する期待など大きく変化しており、より質の高い医療を安定的に提供できる体制を整備強化することが課題となっております。

このような状況の中、政府は、社会保障の充実・安定化とそのための安定財源確保と財政健全化の同時達成を目指し、継続して金融市場の改善や経済政策を進めており、その結果企業の収益性の向上がみられ、景気は改善傾向を持続しております。

一方、当社を取り巻く環境は、診療報酬・調剤報酬及び薬価改定が継続して行われており、依然として厳しい状況にあります。

当社は昭和40年の設立以来50年以上に亘り、北海道の地域医療を支える臨床検査事業を展開、平成6年には調剤薬局事業に参入し「かかりつけ薬局」として地域医療に根差した基盤を確保しております。

近年におきましては、社会的関心が高まっている食品衛生検査事業への参入、医療機器販売などを営むアクテック株式会社の子会社化、株式会社帯広臨床検査センターにおける家畜を対象とした動物検査事業への参入、大手臨床検査センター3社との業務提携など当社グループの事業範囲を拡大してまいりました。また、クリニックなどに対する開業支援、北海道滝川地区に登録検査所を設け北海道空知地区の営業拡大、株式会社エスアールエルとの間で、共同事業展開を目的とする業務提携契約及び資本提携契約を締結するなど、営業基盤の強化を推し進めてまいりました。

当社は、「病院・患者さんの信頼を得ること」を経営の原点とし、品質管理・安全管理を第一に取り組んでおります。また、株主の皆様に対する説明責任を果たすために経営や財務の透明性を高め、適切な企業統治とコンプライアンスを実施し「リスクマネジメント」、「内部統制」を徹底してまいります。

また、営業力や情報収集力の強化により、新規取引先の獲得及び調剤薬局店舗の新規出店等を進めると共に、業務改革を更に進め原価圧縮や経費節減を徹底し、堅固な経営基盤づくりに邁進してゆく所存であります。

株主の皆様におかれましては、当社に対する一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

平成30年6月
代表取締役社長 大井 典雄

ページ上に戻る