Investor Relations営業概況

当事業年度の事業の状況

(1)事業の経過及び成果

当連結会計年度におけるわが国経済は、度重なる地震、台風等の自然災害の影響があったものの、企業収益や雇用環境の改善に伴い、緩やかな回復基調が続きました。

しかしながら、中国経済の減速や米国の強硬な通商・外交政策による貿易摩擦の激化が懸念されるなど、世界経済の不確実性の影響もあり、依然として先行き不透明な状況で推移いたしました。

当社グループが拠点を構える北海道の経済におきましては、相次ぐ地震や台風等の災害の影響により、公共工事や設備投資が減少しているものの、個人消費は持ち直しの動きがみられ、雇用情勢も着実に改善しております。

医療業界におきましては、増加し続ける医療費を背景に医療制度の改革が進められており、診療報酬の改定による技術料及び薬価の引き下げの影響等、当社グループを取り巻く経営環境の厳しさは継続しております。

このような状況の下、当社グループは、医療機関の多様化するニーズに応えた営業活動を展開し、新規顧客の獲得及び調剤薬局の新規出店による営業基盤の拡大に努めると共に、引き続き経費効率を重視した収益基盤の強化に努めてまいりました。

この結果、当連結会計年度の業績は、売上高17,065百万円(前期比2.3%減)、営業利益815百万円(同19.8%減)、経常利益813百万円(同22.8%減)及び親会社株主に帰属する当期純利益523百万円(同23.6%減)と売上高、利益共に前期を下回りました。

セグメントの業績は次のとおりであります。

イ.臨床検査事業

臨床検査事業におきましては、全般的に顧客との取引が堅調に推移したことに加え、新規に顧客を獲得したことから、売上高5,805百万円(前期比2.9%増)、セグメント利益336百万円(同17.1%増)と前期を上回りました。

ロ.調剤薬局事業

調剤薬局事業におきましては、調剤薬局を新規に2店舗開局いたしましたが、診療報酬の改定により技術料及び薬価の引き下げの影響により、売上高10,364百万円(同5.3%減)、セグメント利益772百万円(同26.3%減)と前期を下回りました。

ハ.医療機器販売・保守事業

医療機器販売・保守事業におきましては、福祉用具の販売・貸与が前期を上回りましたが、大型備品の販売が前期を下回ったことから、売上高798百万円(同0.8%減)となりました。
利益面におきましては、セグメント利益4百万円(同57.3%増)と前期を上回りました。

ニ.その他の事業

臨床検査システムのソフトウェア販売及び保守の収入におきましては、売上高97百万円(同35.5%増)、セグメント利益74百万円(同48.7%増)になりました。

事業区分別売上高

事業区分 第54期(2018年3月期) 第55期(2019年3月期) 増減
金額 構成比 金額 構成比 金額 増減率
臨床検査事業 5,641百万円 32.3% 5,805百万円 34.0% 164百万円 2.9%
調剤薬局事業 10,942百万円 62.7% 10,364百万円 60.7% △577百万円 △5.3%
医療機器販売・保守事業 804百万円 4.6% 798百万円 4.7% △6百万円 △0.8%
その他の事業 71百万円 0.4% 97百万円 0.6% 25百万円 35.5%
合計 17,459百万円 100.0% 17,065百万円 100.0% △394百万円 △2.3%
セグメント別売上高
セグメント別売上高
セグメント別売上高5年の推移
セグメント別売上高5年の推移

(2)設備投資の状況

当連結会計年度において実施した企業集団の設備投資総額は、216百万円であり、その主なものは、次のとおりであります。

  • 臨床検査事業 検査機器等 
    83百万円
  • 調剤薬局事業 調剤機器等 
    122百万円

(3)資金調達の状況

特記すべき事項はありません。

(4)事業の譲渡、吸収分割又は新設分割の状況

該当事項はありません。

(5)他の会社の事業の譲受けの状況

該当事項はありません。

(6)吸収合併又は吸収分割による他の法人等の事業に関する権利義務の承継の状況

該当事項はありません。

(7)他の会社の株式その他の持分又は新株予約権等の取得又は処分の状況

該当事項はありません。

直前3事業年度の財産及び損益の状況

区 分 第52期
(2016年3月期)
第53期
(2017年3月期)
第54期
(2018年3月期)
第55期
当連結会計年度
(2019年3月期)
売上高 17,528百万円 17,055百万円 17,459百万円 17,065百万円
経常利益 999百万円 803百万円 1,053百万円 813百万円
親会社株主に帰属する
当期純利益
590百万円 513百万円 685百万円 523百万円
1株当たり当期純利益 169.72円 147.69円 197.03円 152.42円
総資産 9,545百万円 9,727百万円 10,591百万円 10,677百万円
純資産 6,483百万円 6,983百万円 7,597百万円 7,981百万円
1株当たり純資産額 1,863.46円 2,007.21円 2,194.08円 2,331.49円

重要な親会社及び子会社等の状況

(1)親会社に関する事項

該当事項はありません。

(2)重要な子会社の状況

会社名 資本金 当社の出資比率 主な事業内容
株式会社帯広臨床検査センター 20百万円 100.00% 臨床検査
アクテック株式会社 10百万円 100.00% 医療機器販売・保守

ページ上に戻る